探偵の調査でわかった真実とは

あなたが知りたい、解決したいと思うトラブルで、解決の手助けをしてくれのが探偵です。
探偵では、配偶者の浮気を調べる浮気調査、行方がわからなくなった人の捜索をする人探し調査など、その人が抱えて思い悩んでいる問題を解決するため、トラブルの真相を調査が明かしてくれる職業です。

この探偵の調査で代名詞となっているのが浮気調査です。

日本全国で活動する探偵事務所で、浮気調査をやっていない探偵事務所はありません。もっと正確に言えば、よく探せばあるかもしれませんが、これまでに浮気調査をしない探偵というのを聞いたことがないので、浮気調査をしていない探偵は実質存在しないのではないでしょうか。

探偵の調査の多くは、配偶者や婚約者、恋人の浮気調査です。少し調べてみても、探偵事務所の多くが、浮気調査に関するコラムを多く公開しているのに気が付きます。

そして、探偵が行う浮気調査で、浮気の真実を暴くことができれば、配偶者なら離婚、婚約者や恋人なら婚約解消や別れるといった選択を取ると思います。

果たしてその選択を取ることで、本当に後悔はないのか、調査をする前に不安を感じた人もいるのではないでしょうか。

探偵の浮気調査でわかった、最近の浮気の実態

浮気調査では、配偶者や恋人が浮気をしているかどうか、浮気をしているならその浮気を証明する浮気の証拠を集めてくれる調査です。

この浮気の証拠は、浮気相手と配偶者に二度会わないことを約束させるため、または、離婚をしたときの慰謝料を配偶者と浮気相手に請求するためのものです。

しかし、ここ最近では、浮気をされた人が、浮気調査で浮気の証拠を手に入れても離婚をしない、浮気の慰謝料を請求しないというケースが増えているそうです。

「浮気(または不倫)をされたのだから、別れて当然」と思ったかもしれませんが、配偶者が隠れて浮気をしていても、それを見て見ぬふりをする人もいるのです。

その理由は、離婚をしても離婚後の生活が不安で、離婚をして生活に困るぐらいなら、仮面夫婦を続けるという選択を取る夫婦もいるのです。

配偶者の浮気は、離婚をするしないどちらにしても、夫婦やその周辺の親しい人に多大な影響を与えます。こうした影響も考え、離婚するという選択を取らない人もいるのです。

調査で見えてきた、依頼者の現実

夫婦に浮気をされて、離婚はしたいけど、現実では離婚は難しいという人は少なからずいます。
そうした方にとって、浮気をされていることがわかっていても、黙って耐えることしか出来ない、苦しい気持ちを隠して夫婦生活を続けるという選択を取ることがあります。

この選択が間違っているとは言い切れません。

実際、離婚をした夫婦がその後の生活環境で苦労する話を耳にしますし、特に女性はお子さんを連れて離婚するケースが男性よりも多く、子育てと家事、そして仕事と、全てを一人でこなさなくてはならないため、かなり厳しい状況に追い詰められる可能性もあります。

そのため、探偵に調査を依頼して真実がわかって、そこで終わりではなく、調査が終わった後だからこそ、何らかの対策を取っておくと、その後の生活が少しは楽になるはずです。

探偵の調査によってわかった真実をどのように受け止め、人生の選択をするのかは、調査を依頼した人次第ですが、その選択が良かったと思える、後悔をしないための対策をとることが重要になります。

このサイトでは、探偵に調査を依頼する前にしなくてはならない準備、そして、調査を依頼してから調査結果がわかった後のことについて、より現実味の強い、探偵に調査を依頼した人が直面する問題について詳しく紹介していこうと思います。